感情を認める勇気

恐怖・孤独・絶望・痛み・苦悩・混乱…

これらはアタシたちが生きる上で必然的について回る感情たち。

それは誰であっても起こりうること…

ただそのよぉな感情は、せっかく信仰的であるアタシたちの精神を人間的に戻してしまう刃をも備わってるの。

それでもアタシたちにもそんな感情は少なからず備わってることを率先して認めたら、アタシたちは信仰の上でも人間関係の上でも互いの結び付きが強まりやすくなるわ。

信仰あってこそ、アタシたちは孤独を感じなくていいのよ。

Aoilogic

http://ameblo.jp/aoilogic4

―――――――

ヨハネの黙示録 21:3-4

また、御座から大きな声が叫ぶのを聞いた、「見よ、神の幕屋が人と共にあり、神が人と共に住み、人は神の民となり、神自ら人と共にいまして、 人の目から涙を全くぬぐいとって下さる。もはや、死もなく、悲しみも、叫びも、痛みもない。先のものが、すでに過ぎ去ったからである」。

Revelation 21:3-4

I heard a loud voice from the throne. It said, Now God makes his home with people. He will live with them. They will be his people. And God himself will be with them and be their God. He will wipe away every tear from their eyes. There will be no more death or sadness. There will be no more crying or pain. Things are no longer the way they used to be.

示 21:3-4

我聽見從寶座中傳來響亮的聲音:「看!上帝的居所設立在人間,要與人同住。他們要成為的子民,上帝要親自與他們同在,作他們的上帝。 上帝要擦乾他們所有的眼,再沒有死亡、憂傷、哭泣和痛苦,因為以前的事都已成過去。」

広告を非表示にする