ミスターハム、わたしのともだち

家出した夜は

少しも青くなかった

そこにまんまる月が射して

いつか輝く時があるって

ミスターハム

帰ってきてくれてありがとう