読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一匹狼が行く

前回の話し

義理の母親が

私 再婚したんですて

言えば

俺に対する

見方も

変わったかも知れない

でもそれは

1971年

お堅い時代

多分

言えなかったと思う

今と時代が違うからね

さて

1982年の

整備工場を

人員整理で

解雇になった頃の

話しに戻ろう

解雇になったのは

1982年7月20日だった

その日は

給料日で

今と時代が違い

現金を手渡しの時代

給料を渡されて

申し訳ないけど

雇用存続が

難しくなりました

理由は

以前話してた

大口の運送屋が

新車を

大量に導入する事で

整備士が必要無くなると

理由が告げられる

整備工場と言っても

俺を入れて5人の

小さな工場

大口の運送屋の

事情はすぐ

工場の経営に

支障がでる

少ないですが

退職金がわりにと

3万円いただいたのを

覚えている

当時の俺の給料は

10万

実は同じ訓練校の

自動車科の1年先輩で

俺を整備工場に

呼んでくれた先輩と

同じく

親しくしてくれた先輩が

トヨタ

ディラーの整備士として

就職していたが

俺の給料が高かくて

はっきり話しが

出来なかった事がある

でも

今 思うと多分

ボーナスが良かったの

だろうなぁと思う

整備工場を解雇される

直前の思い出は

工場の人と

福井の長浜に

海水浴に行った事が

今でも

思い出に残っている