読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おさっぴぃの週末(終末)〜感動を探す旅2017年度第2弾」

皆様、ごぶSaturday(ご無沙汰でー)

先週の4月8日、9日の週末は山梨の実家へ

帰ってました。帰るべき家、私を生んで育てて

くれた両親が健在なのは何より有難い。

終活中の私に向かって、いまだに結婚しろと

言ってくる。1人では帰ってくるなと。

ただただおさっぴぃ苦笑いするしかないよ

実家の庭にはたくさんの植木やら鉢が雑然と

置かれている。両親が好きで鉢植えとか苗とか

買ってきて育てたりしているのを全く興味を

もたず素通りしてきたおさっぴぃであっだが

、やはり終わりを実感してきたのか、やけに

目がいくようになってきた。写メをたくさん

撮ってきたよ。昼は実家で焼き肉をしてくれた

んだけど、母が散歩がてら?に採ってきたのか

知人に頂いたのか忘れちゃったけど、つくしの

煮物を出してくれたのがおさっぴぃにとっては

1番のご馳走。やっぱり美味しい

翌日は、長野へ帰る途中の松本市にある

キッセイ文化ホールでの山下達郎のコンサート

へ行ってまいりました!

ハウンド・ドッグから始まり、槇原敬之

TULIP、そして山下達郎と四週続けての

コンサート。しかも全部初めて観る人たち。

槇原敬之氏以外はみんな還暦を迎えている

人ばかり。みんな若いそしてパワフル

山下達郎さんは歌のうまさも声量も全く年齢を

感じさせず、ただただ感動いたしました。

お昼はが中学生くらいの頃に聴いた

「風の回廊(コリドー)」や「高気圧ガール」

、「ターナーの機関車」、「蒼氓」など

知っている曲が生で聴ける感動。

聴きたくてたまらなかった「Get back in Love」

そして超ロングセラーで誰もが知っている

「クリスマスイブ」!演出にも凝っていて

生歌と演奏と映像に鳥肌立ちまくりで

涙ちょちょぎれました。

64歳で全く衰えず2000人規模のホールはどこも

ソールドアウトにしてしまうのだからスゴいよ。

おさっぴぃの終活において忘れられない感動を

頂きました

おさっぴぃ、今日も生きてます。