檜山・江差B級グルメ、居酒屋「さと水」再訪(3/23)

[4557]

3月23日木曜日は出張で江差に泊まったが、仕事先の道南うみ街信金の常務さんも夜一杯付き合ってくれると言うので、今回は2人で江差の行き着けの居酒屋「さと水」へ。

お通しに出された鶏ハムをつまみにハイボールを飲みながら(写真2)、この日のメニューをチェック。

まずは今が旬の「地物 槍イカ刺し」を1杯ずつ注文。

胴体だけじゃなく、コリコリした食感のミミやゲソ、ゴロ(内臓)など1匹丸ごと刺身で出せるのは鮮度がいい証拠である。

次は仕入れのタイミングによって運がよければその日のメニューに掲載されるというレアなメニュー、「マグロの中落ちたたき」があったから、もちろん注文。

これはハイボールを飲んでいる場合じゃないな、日本酒「さと水」に切り替えるが、こりゃ最高の酒のアテである。

そして、オコゼの仲間じゃないというが、一体何の魚か知らない「ミシマオコゼの唐揚げ」を食べてみる。

愛媛産の魚だそうだが、白身でクセがなく、上品な味わいでおいしい。

さらに今が旬の「ニシンのなめろう」。

この日はもう1軒スナックにハシゴしようと意気投合し、いつもより早いがシメのご飯ものを食べてしまおうということに。

江差の「さと水」に来て、シメのご飯ものは「天然磯海苔の棒飯」を外すわけにはいかない。

ご飯が売り切れなければ毎回食べているが、上ノ国産天日干し米と醤油に浸したせたな(大成)産天然岩海苔だけのシンプルなメニューだが、岩海苔の風味が引き立ちやっぱり旨い。

最後は再びハイボールに切り替えたが、2人で8550円払ってスナックへハシゴしたのであった。