読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4月1日(土)#DRAGONGATE@兵庫・神戸サンボーホール〜THE GATE OF PASSION 2017

菊池アナより『突然ながら20年のプロレス生活に幕を閉じる選手がいます、CIMA選手引退試合を行います』

【第1試合】

CIMA

ドラゴン・キッド

山村武寛

vs

ジミー・カゲトラ

ジミー・神田

ジミー・クネスJ.K.S

▼CIMA『はい、エイプリルフールですからね。

まだまだやりますよ〜

今日はね、4月1日ということで。急遽ですか、ニコニコ動画さんで生中継あるということで

でもね、GAORAさんの放送の頃にはなんのこっちゃでしょうけど

今日は生中継ですから、何もせん訳にはいかんやろ

ということでキッドと山村出ておいで

(Eita、そして久々に石田も登場)

お前、石田か?えらい髪伸びたな。ホンマに石田か?右田かな思たわ

まぁね、しょうもないことも言いますよ』

(その石田が選んだゴングキッズはモッチーが好き。二番目は『土井ちゃん』三番目は『いないっ!』)

★先発はブレイブ王者のカゲトラとブレイブトーナメントで途中で破れた山村。カゲトラがアームドラッグを決めれば山村も応戦、ドロップキックも決めた

替わったクネスとキッド。キッドがコルバタで翻弄したがカットにきた神田がクネスと合体フェイスバスター

介入してきたCIMAにはクネスがスリーパーで捕獲したがCIMAはチンクラッシャーで脱出

キッドとの合体攻撃からキッドが倒立二段階式ニードロップ

替わった山村だがクネスがすぐに逆転、神田も続いて顔面かきむしりからエルボー。だが山村もエルボーを打ち返し逆転

替わったCIMAはサソリ座固めで苦しめるも神田はエスケープ

5分経過

CIMAは神田の足へエルボードロップ、続く山村はストンピングからボディスラムを狙うが神田は堪える

クネスと共にカゲトラがバックエルボー、山村とカゲトラのエルボー合戦に発展したがカゲトラがアパッチパンチ

続いてクネスがブレーンバスターから逆片エビ固め〜クロスフェイス。これはCIMAがエプロンから水入りペットボトルを投げつけカット

しかし冷静なジミーズは3人での四面楚歌ドロップキック!神田に対して山村がエルボーから走ったが、カゲトラがスワンダイブ式エルボーアタック

神田のジョン・ウー狙いは山村がかわしてスワンダイブ式ミサイルキック!キッドが入りクネスに619、カゲトラにもコルバタ

場外の神田に山村がノータッチトペコンを見舞った

10分経過

リング上、CIMAのシュバイン狙いはクネスが堪えたがCIMAはコウモリ吊り固め。

クネスも負けじと昇龍脚から青き光に捕らえたがキッドがカット

キッドは介入した神田のジョン・ウー狙いをダイヤモンドダストに切り返すとCIMA&山村のダブルドロップキック→キッドがメサイヤ

山村の放ったスワントーンはかわされるや、カゲトラが619→クネスが垂直落下式ブレーンバスター→カゲトラがダイビングエルボー

返した山村がカサドーラを仕掛けたがカゲトラは返す。もう一度カサドーラはカゲトラが回転エビ固め、山村も返し最後はヨーロピアンクラッチで3カウントを奪った

○山村武寛

(13分18秒 ヨーロピアンクラッチ)

×ジミーカゲトラ

山村『おっしゃブレイブゲートチャンピオンのカゲトラから勝ったぞ

今日一回勝ったぐらいでブレイブゲートに挑戦させろとは言わない

けどな、必ずそのベルト挑戦してやるからな』

CIMA『俺が21歳やったら直ぐにでもいっとったな

カゲトラがブレイブチャンピオン、堀口とススムと斎了が土井達の持ってるトライアングルに挑戦

俺が1週間休んでた間に、余った二人がツインゲートか?ハッキリ言うてお前らはジミーズの余った二人や

お前ら2人はもう出世欲とかベルト取りたいとかチャンピオンなりたいとか、そういったもんとは無縁だと思ってたけど

お前らがそういうつもりでくるなら喜ばしいことやし、活気づくならええことや

受けて立ったる。オレらはススム&カゲトラからこのツインゲート取ったんや。信悟T-Hawk、Kzyマリア、Kzyハルクの3組から防衛して次はクネス&神田

崖っぷちだっていうのをしっかり証明したるからな

今日はギャグでやったけど、結果いかんによってはお前ら本当に引退やからな』

クネス『一言だけ言っておくぞ、ジミーズに余り者はいない

どのコンビどの組み合わせでいってもベルトは取れるんだ』

カゲ『俺からもいいですか

山村、お前は優秀だよ。今日勝った勢いで挑戦かと思ったけど踏みとどまった

お前はいまいる若手の中でも一番優秀だと思ってる。俺はお前の成長を楽しみにしている

お前がこのベルトに手の届くようになったら俺と一緒にブレイブ戦線熱くしていこうぜ』

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第2試合】

望月成晃

vs

吉岡有紀

▼吉岡がドロップキックで奇襲をかけたが、直ぐに望月が捕まえアキレス腱固めで苦しめる

『中途半端な奇襲なんかしてんじゃねえ』とローキックを打ち込んだ望月は逆片エビにも捕らえる

エスケープした吉岡がボディスラムを狙うが望月が逆にボディスラム

ローキック連打された吉岡だが蹴り足を掴んでドラゴンスクリュー!さらに望月のフロントハイキックをはね除けドロップキック。そしてボディスラムを成功

しかしコーナーに上がると追いついた望月がデッドリードライブ

それでも吉岡は低空ドロップキックからボディスラム!コーナーに上がる

追ってきた望月を頭突きで落とした吉岡だが、ミサイルキックはかわされ望月のミドルキック連打でダウンしてしまう

それでもブレーンバスターで望月を投げた吉岡が再びコーナー。またしても望月を頭突きで落とすと、別のコーナーからフロッグスプラッシュ

もう一発フロッグスプラッシュは望月が膝でガード、ランニングミドルで追撃

さらにミドルキック連打した望月は張り手を挟んでミドルキックで3カウント

望月成晃

(9分28秒 ミドルキック)

×吉岡有紀

試合後も望月に対してボディスラムを狙った吉岡だったが逆に叩きつけられてしまった

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第3試合】

Eita

ドラスティック・ボーイ

vs

フラミー

ヨースケ・サンタマリア

▼マリアがEitaにオネエ殺法で精神的なダメージを与えれば、フラミータはドラスティックとの華麗な攻防からノータッチトペコンを披露

ペースを握るTRIBE VANGUARD、マリアがドラスティックに四つん這い後進をしたところをEitaがカット

続いてドラスティックがエルボードロップから自軍に連行。Eitaはスレッジハンマー

さらに腕固めでマリアを絞り上げ苦しめるがマリアはロープエスケープ

それでもEitaのアームドラッグ→ドラスティックが低空ドロップキック

コーナー際で串刺しストンピングもやられたマリアだが、カウンターでスカートちらりからドロップキック

替わったフラミータはEitaに対してレタドールを決めたがドラスティックがカット。

ドラスティックはマリアのキス狙いを何とか逃れハンドスプリングオーバーヘッド

Eitaのトラースキック→ドラスティックがその場飛び不知火。返したマリアにEitaがフェイスバスター→ドラスティックはマッドスプラッシュ

10分経過

これはフラミータがカットすると、マリアのスカイラブ→フラミータがファイヤーバード

フラミータはドラスティックを分断、ブエロデアギラ

マリアはEitaにラブリーアローを決めたがEitaは返す

それでもマリアはキス→レッグロールクラッチ。これを返したEitaが一気にNumero Unoでギブアップ勝ち

○Eita

(11分20秒 Numero Uno)

×ヨースケ・サンタマリア

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【第4試合】

ドン・フジイ

堀口元気H.A.Gee.Mee!!

vs

T━Hawk

エル・リンダマン

▼奇襲を仕掛けたVerserKが堀口に狙いを定める。堀口のタックルに対してT-Hawkが倍返しのタックル

替わったリンダマンはフジイと対峙、フジイが強烈なタックルでダウンを奪ったがフジイは膝をやらかしてしまう

リンダは串刺し式低空ドロップキック、T-Hawkも足首を固めリンダはストンピング

そしてエルボーを見舞うがフジイは強烈な逆水平チョップで乾いた音を響かせる

替わった堀口は逆片エビ固め、ストンピングからボディスラムを狙うがリンダが逆にボディスラム

T-Hawkがフジイを分断してから堀口に対して串刺し逆水平!堀口のスイングDDT狙いも逆水平で寸断

リンダは場外で控えるフジイとの小競り合い、その間にT-Hawkが堀口にダメージを与えてリングに戻すとリンダはクロスフェイスロック。

これをフジイが満水のペットボトルでカット。それでもT-Hawkが串刺し逆水平から旋回式サイドバスター

替わったリンダの水車落とし狙いは、場内からのH.A.Gee.Mee!!コールに後押しされた堀口がスイングDDTで切り返す

10分経過

T-Hawkがフジイとのタックル合戦を制してアルゼンチンバックブリーカー

これをカットした堀口は、リンダに一本背負いを決められたが二発目はスイングDDTに切り返し垂直落下式ブレーンバスター

アシストするフジイにはT-Hawkが応戦、フジイを止めるとT-Hawkが堀口にウラジゴク→リンダがジャーマン

カットにきたフジイを排除すると、T-Hawkが堀口にナイトライド狙い

これをバックスライドに切り返したがリンダはデッドリフト式ジャーマン!

それでもバックスライドに切り返した堀口だったがリンダマンがタイガースープレックスに持ち込み3カウント

○エル・リンダマン

(12分24秒 タイガースープレックス・ホールド)

×堀口元気H.A.Gee.Mee!!