準決勝

WBCも準決勝を迎えた。

既に第一試合とも言えるプエルトリコ対オランダの一戦は、延長11回タイブレークの末、プエルトリコがサヨナラ勝ちで決勝進出。

もう片方が日本対アメリカ。

プロで戦う国際大会では準決勝で苦杯なめたことしばしば。

シドニー五輪キューバ戦。

アテネ五輪のオーストラリア戦。

北京五輪、2年前のプレミア12の韓国戦。

そして、前回大会のプエルトリコ戦。

この歴史を繰り返さず、是が非でも勝利を。

アメリカも今まで優勝がない分、かつてないメンバーを揃えているが、日本は急増でなく、前回大会終わっから監督を据え、一部メンバーは固定で代表を召集し試合をした。

ここは、メンバーの結束で乗り切れ、侍ジャパン

広告を非表示にする