読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

瑠璃色の空の下

波打ち際で

暗い海をみつめた

静かな波音に

かき消されそうな声で

もう大丈夫だよ

とあなたがぽつりいう

子どもの手を引くように

あなたの手に導かれ

溢れる涙を唇で拭った

月明りが優しく包んででくれる

ああ、

明日も生きていけそうな気がする