なむはむだはむ 東京芸術劇場シアターウエスト

真ん中に舞台が作ってあってそれも変則な半円のような三日月のような形で、客席は前と後ろから見る。

不思議な舞台だった。最初に観客から主人公をもらってそれをふくらませてゆきながら、展開してゆく。かならず死ぬっていうのが出てくるのですけど,それが死んだら終わりだからどんどん代えてゆくのが楽しかった。

骸骨と長い毛が見ていて笑えた。

あいかわらず軟体動物のような森山未來くん、あとの二人は全くしらなかったけど、それなりに見せたり歌ったりしていた。

子供が書いた台本による舞台、今後もあるのかな?

平日だから全く子供はいなかった。

岩井秀人前野健太森山未來によるパフォーマンスでした。

3月12日まで。1時間15分です。未来くんのファンは必見。