読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

残念電話

ウチへかけてくるだけで残念なんだよ。

いや、親会社の人たちと、ほぼ同業のケイレツの人たちが、最近ひんぱんに私が番をしているフリーダイヤルにかけてくるわけです。こちらとしては全部最上敬語を保ったままで応対するのですが、内心ではため息をついて、あ〜あ。また残念な人からかかってきたよ、と思うだけです。実際そんなのが受注に結びついた例を私は知りませんし。

どういうことか。親会社には主な拠点ごとにウチの営業担当がはりついていますし、このケイレツについても同様なのです。なので、少し気の利いた人なら、ウチの営業をつかまえて聞いてみるなり、それ経由で商品担当部署は簡単に教えてもらえるのですから、そうするはずです。

なので、ウチの電話に商品の内容を聞きたいだの、営業を紹介してくれだの言ってくる人は、ウチの営業に話しかけることもできないとか、話をしてもまともに相手をしてもらえない人なのですね。

特に親会社では営業担当倍増計画とかいって、昨日まで他の仕事をしていた人にろくな教育もしないで、アンタ今日から営業、とかやっていますので、このように残念な人が増加の傾向にあります。なかには、私の電話応対が少なくとも表面上はとても丁寧なので、味を占めたのか何度もかけてくる人までいます。そんなことやっていないで営業さんと顔をつないでおけよ。バカだな。

ウチへ電話されると、私が所定のシステムに内容を入力して、所定の様式のメールにそれが吐き出されるので、それをまた整形しなおして(そのままでは送れない!IT会社なのに!)送信し、さらに担当者がそれをいつ見るかわからないという問題があります。特に営業さん相手だと彼らは外を出歩くのが仕事ですからね。一日やそこいら回答できないのは残念ながらザラです。

でも、こういう人に限って、こっちは急いでいるんだ、と言って何度も電話してきます。こちらとしてはお客さまではない「身内」からそんんなにせっつかれても、担当にはもう連絡してあるし、アンタそもそもナンデウチの営業さんを知らないの、と冷たく返すだけです。もともとウチは親会社やケイレツの御用聞き窓口じゃないしね。

先日、この人ってマトモなのか、と思ったのが、ウチのカイシャに対してとんでもない手間のかかる一種の実績調査を数時間以内でやってくれ、と言ってきたケイレツの人。一応担当営業に回しましたが、担当営業はそんな工数はない、とにべもなく断ったのだそうです。そうするとこの阿呆は、もう一度電話してきて、担当営業に断られたのですが、そちらで何とかなりませんか、だって。

いやあ。正直言ってオレは何を言われているのか理解できなかったよ。でも、ようやく話がわかったので、そちら様の担当営業がダメだと言ったものは、こちらへ言ってこられても同じ担当に回すだけですが、なぜ担当営業に対して交渉されなかったのですか、と聞いてみました。答えはなし。電話の向こうで黙っています。

だからねえ。東芝という巨艦が沈みつつありますが、ウチのグループだって安泰ではないですよ。この程度のヤツがゴロゴロいるんだもの。おそらくそろそろコイツらのあけた穴から水が漏れているんじゃないのかなあ。